So-net無料ブログ作成
検索選択

パリ3区の遺産相続人 [映画]

[カチンコ]『パリ3区の遺産相続人』

勝手に、軽いタッチのものかと思っていたら…(^_^;)
お金に困ってて、親との関係が性格にも影を落としている初老の男(マティアス)が主人公。☞ケビン・クライン

マティアスはずっと心に傷を抱えたまま生きてきた。


一方、マティアスがパリで出会う 90歳の老婦人マティルド☞マギー・スミス は自由奔放に人生を謳歌してきた。


マティアスがずっと苦しんできた原因の一端が、さらにはマティルドの娘クロエ(クリスティン・スコット・トーマス)が後ろ向きな恋愛ばかりしてしまうという原因が、実のところ、マティルドにはあると思うのだが、
そういう認識はほとんどなく生きてきて現在の老後の生活は安泰、というのは、正直言って、いい気なもんだ!と不公平さを感じてしまった。

しかし、ものは考えよう、捉え方だ。
誰かのせいにしても始まらない。
人生は、自分のしたいように、好きなことをしたもん勝ちなのかもしれない。


絶望から希望を見出せるようになるきっかけは人それぞれ。
マティアスにとって一番大きい理由は新たに愛する人ができたことだろう。

それがパリという舞台に似合ってしまう。


前半のケビン・クラインは観ていて辛くなってしまったが、
恋する男を演じる彼は、やはりエレガント。


お気楽な話ではないのだけど、そんなにも重くもなく…
なので後味は良いです(^▽^)




タグ:映画
nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:映画